chocolate skin woman are sad

middle-aged women

使いやすい薬を選ぶ

ゾビラックスとバルトレックスを比べると、バルトレックスの方が新しく、高性能だといえます。ただ、ゾビラックスには塗り薬もあるので、体の外側からヘルペス治療を行うこともできます。

 therapy

海外ジェネリックで節約

バルトレックスはゾビラックスよりも飲みやすいのですが、1錠あたりの金額が高価です。しかも保険適用できないこともあるので、もしもの時は海外から輸入する方法を利用しましょう。ジェネリックもあるので代金を抑えることが可能です。

before the wedding

長く付き合っていくために

ヘルペスは残念ながら完治できません。再発の度にゾビラックスやバルトレックスで症状を抑える必要があります。常に薬を常備しておかなければならないので、無理なく購入できる方法について知っておきましょう。

select drug

2つの治療薬

今の日本で感染する危険性がある性病の中でも、性器ヘルペスが最も恐ろしいと感じる方も多いでしょう。
性病といえば、エイズが一番危険というイメージがありますが、正しい方法で予防を行うことによって、エイズの感染は未然に防ぐことができます。
それに、日本国内でエイズ患者は存在しますが、そこまで数は多くないので感染する危険性は高くないといえます。もちろん、だからといって甘く見ていいことにはなりませんが、エイズよりもヘルペスなどの性病の方が身近に恐怖が潜んでいます。

ヘルペスは性器に水膨れが生じ、それが破れることで非常に強い痛みを生じる病気です。
これは男女ともに感染の危険があり、特に女性は排尿ができなくなってしまうほどの痛みに苛まれることになります。
確実に感染を避けていただきたいのですが、ヘルペスウイルスは感染力が強く、タオルからヘルペスが感染することもありえます。
さらに、口唇ヘルペスはオーラルセックス時に感染する可能性もありますので、感染の機会が多いといえます。
予防できるのが一番ですが、万が一感染してしまった際はすぐに治療を行いましょう。

ヘルペスの薬はネットでも購入できるのですが、ネットで調てみると有名な薬が2つ出てきます。
それぞれ「ゾビラックス」と「バルトレックス」という名前なのですが、どちらを購入すべきか悩んでしまう方も多いかと思います。
そこで今回はヘルペスの治療薬について様々な角度から検討していきたいと思います。
現在ヘルペスに悩んでいる人はもちろん、ヘルペスに感染したことのない方もこれからのために治療方法の知識を持っておきましょう。

ゾビラックスの効果・服用についての詳細を確認する